SIMカードの料金やサービス内容を徹底比較。

SIMカードいっぱいあるけど、どれがいいの?

『用途』『データ容量』『料金』を基準に選びましょう。

 

MVNOが提供するSIMカードには、利用料が安い順に「データ通信専用」「SMS対応」「音声通話対応」の3種類があります。機能を限定することで、料金を抑えているわけです。これまでは通話できるスマホが当たり前でしたが、普段からあまり通話をしない方にとっては、IP電話専用アプリや、LINE LINEやFacebookでも通話できるので、もはや代用するのも難しくありません。

 

ただしLINEの場合は注意が必要で、初期設定時にSMSで本人確認を行うので、SMS対応SIMが必要になります。

 

なお契約後にSIMカードの種類・プランを変更したくなった場合でも、変更に応じてくれるMVNOが多いです。

TOP