SIMカードの料金やサービス内容を徹底比較。

通信エリアは大丈夫?

基本的にはほぼ同じエリアですが、山間部などではつながりにくいことも。

 

MVNOのSIMカードは、基本的には回線提供元のキャリアと同じエリアで利用できます。ドコモ系のMVNOならドコモのLTEおよびFOMAサービスエリアで通信が可能です。

 

ただし、山間部などで利用する際には注意が必要です。ドコモでは電波が届きにくい地域向けにFOMAプラスエリアというサービスを提供していますが、SIMフリーの格安スマホの中には、FOMAプラスエリアの周波数帯(800MHz帯)に対応していない端末もあります。こういった端末の場合、山間部ではつながりにくい状態になることがあります。

 

都市部だけで使うなら全く問題ありませんが、山間部で使う予定があるのであれば、端末購入前に対応する周波数帯を確認しておきましょう。各端末の “スペック表” などに対応周波数帯が記載されています。

TOP