SIMカードの料金やサービス内容を徹底比較。

大手キャリアに比べて、デメリットは?

端末価格の割引がなく、またキャリアメールは利用できません。

 

大手キャリアは2年縛りの契約をすることによって、端末価格を大幅に割引してくれますが、MVNOの格安スマホでは契約時の大幅割引はありません。その代わり、月々の料金が圧倒的に安くなるので、1年程度で支払総額を逆転することができます。また機種変更時の下取りがないため、これまで使っていた端末が不要になってしまった場合、自分自身で中古業者やオークションで売るしかありません。

 

また機能的な点で言うと、キャリアメール(@docomo.ne.jp、@sofbank.jpなど)が使えなくなることです。しかしながら、現代においてはLINEはもちろん、Facebookのメッセージ機能やGmail、その他アプリなどのいくらでも代用可能ですので。特に問題になることはありません。

TOP